月別アーカイブ 7月 2018

著者:jocurionlinenoi

カジノカフェが違法となる理由

安全性を謳うインカジには注意

安全性を謳うインカジには注意

インカジが摘発され逮捕者が出たというニュースをよく耳にします。
インカジとはインターネットカジノの略語のことです。インターネットカジノと聞くと聞き慣れない感じがしますが、これはオンラインカジノのことです。

オンラインカジノは日本では合法でありませんが、違法でもないグレーなギャンブルです。
インカジはこのオンラインカジノのグレーな部分に目を付けスタートした裏ビジネスです。
『オンラインカジノは違法ではない』と謳って客集めをしていますが、オンラインカジノに違法性はなくてもインカジはまた別です。

インカジは100%違法なギャンブル

結論から言えばインカジは完全に違法です。
その際インカジに適用されるのは賭博法という法律です。
賭博法とは、国内で許可されている競馬等の国営の賭博以外の賭博に対して適用される法律です。

オンラインカジノを利用しているだけでは罪になりませんが、インカジはその場で現金の受け渡しがあります。
この現金の受け渡しがあることにより、インカジが胴元となり賭博が行われていたということになります。

インカジはオンラインカジノの安全性を謳いながらも違法のギャンブルを提供していますので、インカジの存在を頭に入れ、オンラインカジノは正しく安全に利用するようにしましょう。

インカジ、カジノカフェは賭博罪の対象となる

インカジ、カジノカフェは賭博罪の対象となる

しかしオンラインカジノも違法と考える方もいらっしゃると思いますが、オンラインカジノは違法のサービスではありません。
ですが、はっきりと合法と言えるかというとそれも微妙なところです。

オンラインカジノはパチンコ、スロットと同じ法律的にグレーゾーンに位置するギャンブルです。
賭博罪には触れていない、けれど、公営として認められていない。
そういった現在の法律では裁けないサービスのため、利用したからといって逮捕されてしまうようなことはありません。

ところが、インカジ・カジノカフェと呼ばれるところで利用した場合は逮捕されてしまいます。

インカジ、カジノカフェが摘発にあった。そういったニュースを見聞きしたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。
インカジ、カジノカフェは、オンラインカジノのサービスをスペースを設け提供しています。
利用客はそこで店内のパソコンを用いてオンラインカジノのゲームをプレイします。
大体の場合、オンラインカジノで使われるコインは店側がポイントで販売し、精算もそのポイントをベースに行います。
この店側のお金の流れがインカジ、カジノカフェが賭博罪に触れ摘発されてしまう理由そのものです。

賭博罪は国が認めた競馬などのギャンブル以外のギャンブルを禁止するものです。
店内でお金のやりとりをすると店側が胴元として考えられ、日本国内で賭博をした容疑で摘発されてしまいます。
もちろんそれは店側だけでなく、その場にいた利用客も同罪となります。
万が一、そうした店内でお金を使ってオンラインカジノを行わせるようなお店は絶対に利用しないようにしましょう。

インカジを利用した場合の罪について

インカジの利用は賭博法により、賭博罪という罪にあたります。
この賭博罪は罪の重さにより三つに分けられています。

まずはただ単に賭博をしただけの『単純賭博罪』
単純賭博罪の場合でも逮捕はあり得ますし、罰として50万円以下の罰金が科せられます。

次に『常習賭博罪』です。これはその名のとおり、常習的に違法賭博に興じていた場合に適用されるものです。単純賭博罪よりもかなり重くなり3年以下の懲役となります。

そして、最後にもっとも重いのが『賭博場開帳等図利罪』です。
難しい罪名ですが、これは違法賭博を行う場を開いたり、提供したり、また違法賭博を行うための仲間集めをした場合に科せられる罪です。
賭博場開帳等図利罪の場合は、3ヶ月以上5年以下の懲役というとても重い罪が科せられます。

インカジの場合は、利用客には単純賭博罪、常習賭博罪が科せられ、インカジ側には常習賭博罪、賭博場開帳等図利罪が科せられます。
なにもわからず遊んでいただけだとしても罪にあたれば一生記録に残ることになります。
単純賭博罪は罰金刑ですむからと軽く考えてはいけません。

たった一度の過ちが自身にとって消せない大きな汚点となり、場合によっては結婚、仕事にも影響を及ぼすことになりますので、インカジの利用は絶対に止めましょう。

オンラインカジノは個人的な利用に留める

オンラインカジノは個人的な利用に留める

オンラインカジノは海外のサービスであるため、始めのうちは出金方法をはじめ、なかなか理解の難しい部分もあったりしますが、それも始めのうちだけです。
慣れてくると1人でもまったく問題なく利用できるようになります。
基本個人で利用している分にはオンラインカジノは法律的な部分に関してまったく問題なく遊ぶことができます。

まず、オンラインカジノは海外のサービスであり、決済もネッテラーなどの海外のサービスを使うことになるので、日本国内で利用しても賭博罪の効力が及びません。
また、賭博罪は胴元と子がその場に同時にいることも条件となっています。しかしオンラインカジノは胴元である運営会社は海外にあるのでこの点に関しても法律外です。

オンラインカジノは個人で利用する分には安全ですので、オンラインカジノで遊ぶ場合はインカジのようなお店ではプレイしないようにしましょう。