月別アーカイブ 7月 2020

著者:jocurionlinenoi

オンラインカジノのルーレットの種類や説明と初心者が勝つ方法

ルーレットの種類

オンラインカジノにあるルーレットについて話をしていきます。
できれば、オンラインカジノの初心者が、ルーレットで勝つ方法についてすぐ話したいのですが、ルーレットで勝つには、最低限のオンラインカジノとルーレットの知識が必要になります。

まずは、オンラインカジノにあるルーレットの種類についての話をします。
初心者だと、オンラインカジノのルーレットに種類があることに驚くかもしれませんが、実はあります。
しかし、ルーレットの種類と言っても2つだけです。
ルーレットの種類

オンラインカジノのルーレットには、ヨーロピアンルーレットとアメリカンルーレットの2種類があります。
ヨーロピアンルーレットは、0から36までの37か所を使います。

一方、アメリカンルーレットは、0から36までとさらに00があります。
そのため、38か所を使うことになります。

37か所を使うヨーロピアンルーレットの方が、単純に当たる確率が高くなるので、オンラインカジノではヨーロピアンルーレットを使うことが多いです。
もし、アメリカンルーレットがあったとしても、多くの人は、当たる確率が高くなるヨーロピアンルーレットを利用することになります。

他に、メキシカンスタイルというルーレットがあるようですが、こちらは39か所を使うルーレットです。
メキシカンスタイルは、オンラインカジノでほぼ見られませんし、あまり知られてもいません。

そして、アメリカンルーレットが利用されることも少ないため、実際はヨーロピアンルーレットが、オンラインカジノの主流になっています。
初心者がルーレットに勝つためには、ヨーロピアンルーレットについて知っておく必要があります。

初心者は赤か黒か、または偶数か奇数に賭けるのがおすすめ

初心者がルーレットの賭け方でおすすめとなるのは、赤か黒に賭けることです。
オンラインカジノのルーレットの数字を見ると、赤と黒が交互に塗られています。

0から36までのどれかに賭けるとなると、選択肢が多くて困りますが、赤か黒であれば2択でどれか選ぶだけです。
赤か黒に賭けるだけであれば、かなりシンプルに考えるだけで済みます。

しかし、赤か黒に賭けたとしても、当たる確率は2分の1にはなりません。
ルーレットには0という数字がありますが、そこだけ緑色になっています。

もし、ルーレットとボールを回して、ボールが緑色に入ると、赤でも黒でもないのでプレイヤーの負けとなります。
赤か黒に賭けられたチップは、オンラインカジノの運営が没収することになります。

他にも、初心者におすすめなルーレットの賭け方として、偶数か奇数があります。
これも、赤か黒に賭けるのと同様に2択から選ぶ賭け方となります。

しかしこちらも、もしルーレットのボールが0に入ってしまうと、偶数でも奇数でもないとされて、オンラインカジノの運営に没収されてしまいます。
数学の世界では0は偶数だという話があるようですが、オンラインカジノでは偶数にも奇数にもなりません。

2択から選ぶ賭け方は、オンラインカジノのルーレット初心者にはおすすめなのですが、0と緑色には注意が必要です。
あと、2択から選ぶ賭け方だと、当たっても倍率が2倍なのであまり大きな儲けになりません。

ただ、当たる確率は高くなりますから、これが初心者が勝つ方法とも言えます。
とりあえずは、2択から選んで少額のチップを賭けるやり方で遊んで、オンラインカジノのルーレットに慣れておくといいです。
初心者は赤か黒か、または偶数か奇数に賭けるのがおすすめ

数字に賭ける前に

赤か黒か、偶数か奇数に賭けて遊んでいると、だんだん物足りなく感じるかもしれません。
そこで、そこから進んで数字に賭けるようになると、本格的なオンラインカジノのルーレットの遊び方になります。

2択から選ぶ賭け方でも大金を当てることはできますが、本格的に遊ぶのであれば数字の方にも賭けみたくなります。
その時の注意点としては、ルーレットに100パーセント勝てる方法はないということです。

しかし、100パーセント勝てる方法はないですが、当たる確率を上げることはできます。
以上のことを考えて、ルーレットで負ける時の限度金額を決めておきます。

限度金額を超えたら、必ずルーレットをやめるようにしましょう。
限度金額を超えたら、必ずルーレットをやめる

4初心者が数字に賭ける時の考えかた

ルーレットの数字に賭けようとすると、0から36まで37か所もありますので、初心者はどこに賭けたらいいのか分かりません。
そこで、チップを賭けるテーブルを見てみましょう。
0から36までの数字の下に、1から12、13から24、25から36、と3箇所に区切られたところがあります。

その3箇所のどこかに賭ければ、0にボールが行かない限り、3箇所のどれかに当たることになります。
このように、ルーレットの数字に賭けるのであれば、個別の数字を見ないで、数字の塊を分割するといいです。

実際、チップを賭けるテーブルが、3箇所に分けてくれていますから、分かりやすいです。
初心者がルーレットで勝ちたいのであれば、それぞれの数字を塊として見て分割してみましょう。

オンラインカジノのルーレットの攻略法には、複雑な確率の計算が出てきたりしますが、まず初心者は数字の塊や集まりを意識しましょう。
テーブルでは3箇所に分かれていますが、慣れてきたら頭の中で36の数字を4つの塊で見てみます。

4つに分割すると、9個ずつの数字の塊の4つの中から選んで、賭けることになります。
オンラインカジノのルーレットには、2目賭けなどがありますが、その辺りも理解できると、初心者からは卒業になるでしょう。